シロヤギからお手紙。

アクセスカウンタ

zoom RSS 大きなてんかん期。

<<   作成日時 : 2017/01/05 18:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちはシロヤギです。
去年はシロヤギにとっても、

画像

 
コテツにとっても大変な一年でした。
ていうか写真が暗すぎてコテツの顔が・・・

さて話を戻しまして。
なにが大変だったのかといいますと、
コテツ(柴犬・オス)が「てんかん」を発症してしまったのです。

それは遡ること2015年の年の瀬のこと。
親父に電話でたたき起こされまして、
なにごとかと居間に降りてみると、
そこにはけいれんを起こしているコテツの姿が!
しかも失禁もしており、口からはよだれをたれながしている有り様。

その時点ですぐに病院に連れていってればよかったのですが、
数分の痙攣ののち、ふらつきながらも
なんとか立ち上がったコテツ。
その後、あれだけ激しい痙攣だったにもかかわらず、
何事もなかったかのようにご飯をペロリと完食。
翌日からは元気に散歩をするコテツを見て、

「何か悪いものでも拾い食いでもしたのかな?
まあ、これだけ元気なら大丈夫だろう」

なんてすっかり安心していたのです。
しかし、今度は2016年2月に同じ症状が。
このときは病院に相談するも、

「てんかんかも知れないが、他の症状の可能性もあります」

と言われ、当分様子見ということに。
その後、一ヶ月、二ヶ月とたち、
血液検査や健康診断も異常無しでしたし、
シロヤギも油断をしていたのですが。

5月に入って、症状が再発。
しかも今回は今までのような長い間隔ではなく、
数日後に再度けいれん&失禁するに至って、
ようやく病院でてんかんの薬をもらうことに。

根本的な原因がわからないままお薬をもらうのは・・・と
考えもしましたが、
苦しんでるコテツを見てられず、
少しでも症状を軽減できればと
てんかんの薬を処方してもらいましたが、その結果・・・

2017年1月5日現在まで、
一切、痙攣・失禁などの症状は起きてません。
もちろん油断は禁物ではありますし、
結局発症の原因が特定できていないのが気がかりではありますが、
元気なコテツが戻ってきてほっとひと安心です。

てんかんのお薬は肝機能に副作用がでる可能性があるとのことで、
一度血液検査もしてもらいましたが、
その時点での問題はなく、肝機能も正常とのこと。
コテツの体重(10キロ)なら
もう少し薬の量を増やしても大丈夫とのことだったのですが、
今のところは問題もなく、副作用も怖いので現状維持。

そういえば2015年の半ばあたりから、
家の前に知らない車が止まったり、
宅配便がくるたびに、コテツが異常なくらい興奮状態になって、
ひたすら吠えまくるようになりまして。

そのときはちょうどシロヤギ家もいろいろと環境の変化がありまして、
その変化で問題行動を起こすようになったのか?
とおもってましたけど、
もしかするとその行動が、てんかんの前触れだったのかも知れません。
もっとも今も宅配便に吠えまくるのは変わってないんですけど。

本当に去年は心配ばかりさせてくれたコテツですが、
元気であればそれでよし。
てんかんが治るかどうかはわかりませんが、
気長につきあっていきますよ。
以上、シロヤギがお届けいたしました。


追伸
シロヤギがやたら魚系のドッグフードにこだわってたり、
フィッシュオイルとか購入していたのも、
てんかん症状にはDHAが効果あり?とかいった情報を
ネットで見て試してたのです。
・・・でもコテツ、魚系はあまり好みじゃなかったようで(苦笑)
あまり食べてくれなかったんですよね〜。残念。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大きなてんかん期。 シロヤギからお手紙。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる