「かかってこいよ」

こんにちはシロヤギです。
TVアニメ「メガロボクス」が面白い!

不朽の名作マンガ「あしたのジョー」連載50周年企画として作られたこのアニメですが、
シロヤギ、第一話を見る前までは、
あの漫画史上にのこる名作を、
TVアニメとしても故・出崎統監督の代表作でもある「あしたのジョー」を、
いまさらアニメ化なんてなめてるのか!?
しかも主人公はわけのわからん機械みたいなのを背負ってやがるし!
「あしたのジョー」ファンとしてもボクシングファンとしても、
こんなふざけたアニメ、許すわけにはいかねえ!!

・・・なーんて思ってたシロヤギでしたが、
第一話のあまりのクオリティの高さに手のひら返しですよ(笑)
劇場アニメかと見まごうクオリティの作画なのに、
どことなく昭和感を漂わせる雰囲気。

そしてアクションシーンのかっこよさに、キャラクターたちのセリフのやりとりが、
ちょっとくさいけど格好いいんですよねえ。
バイクシーンとメガロボクス会場の絵は、
あしたのジョーというよりAKIRAでしたけど。

結構「カウボーイビバップ」を好きだったファン(シロヤギも大好きでした)には
突き刺さる作品かと思ええる「メガロボクス」、
「あしたのジョー」原案ということでハードルを爆上げしてしまった感はありますが、
近未来ハードボイルドアクションアニメとしてレベルの高い作品ですので、
観ていない方は、是非。
以上、シロヤギがお届けいたしました。


追伸
主人公ジャンクドックのライバル(力石ポジションですね)となる、
メガロボクスチャンピオン・勇利。
このアニメってピューマ渡久地ボクシングがボクシング取材協力しています。
なるほどメガロボクスの試合シーンの迫力も納得といったところですが、
ピューマ渡久地に勇利・・・皮肉というか因縁を感じるのはシロヤギだけですかね?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック